◆ボーカルコース

 

歌うための筋肉を作り、

発声の基礎を固め、

歌声を伸ばしていく

ボーカル・カラオケ上達のための

レッスン

 

 

【1】日本語の発声デメリットを克服する【即効性の発声法】

 

まずは私たちの言語「日本語」の発声を、歌うために効率のいい発声法に変える必要があります。「日本語」は、【声】の中に息が多く混じった原語です。

 

≪息が多い声≫の弊害

 

・声の濃度が低くなり、声が通らない

・息漏れが多くなり、ロングトーンで歌えない

・声そのものが弱く、響かない

 

等があります。

 

これらを短期間で【通る声】にする画期的な発声法を伝授します。

 

難しいことはなく、【たった一つ】のあることを行なって頂きます。

 

誰しも赤ちゃんの頃に出来たことで、大人になってもこの手の発声をしたことがあるのではないでしょうか?

 

詳しくは体験レッスンでお教えしますがとってもシンプルで、年齢も経験も知識も必要なく出来ることです。

 

 

【2】腹式呼吸で【声】を支える

 

「腹式呼吸」とは、横隔膜を上下させて呼吸することです。

ただの膜でしかないこの横隔膜を、呼吸法でコントロールし、動かすのです。

 

「腹式呼吸って何?どうやるの?」

 

という質問を頂くことがあります。実は、私たちは寝ている時(横になって寝転がる)

ごく自然に腹式呼吸で息をしています。これは、大人も子供も同じです。

  

ボイストレーニングをする過程で、「腹式呼吸」が自然に出来るようになります。

横隔膜を使って「腹式呼吸」が出来るようになると、【声の支え】が出来ます

声の支えが出来ると、喉(声帯)に負担をかけずに声を出すことが出来るようになります。

 

「腹式呼吸」、「支え」をカンタンに分かるようにある身近な道具を使って教えます。

 

 

【3】声の状態に合わせたトレーニング

 

一言に「発声」と言っても、人それぞれ長所・短所があり、声そのものが違うので【1】と【2】以外は全てがオーダーメイドのレッスンになります。歌を歌うため・声を出すために必要な筋肉を鍛え、声に「支え」を付けて伸びやかでエラスティックな声を作ることを目標とします。

 

ボーカルコースの方には、「地声」「ファルセット」「ミックスボイス」の違いやそれぞれの声を出すトレーニングも行ないます。

 

 

【4】好きな曲を練習

 

ボイストレーニングで作った声で自分の好きな歌を歌いましょう!

発声練習では出来ることが、なぜか歌では出来なくなる・・・ということもよくあることです。

 

それでは、どうして歌だと出来ないのでしょう?

音程が狂ってしまう、喉が締まってしまう、声が詰まってしまう・・・

 

あなたの歌を講師が聴いて、発声や演奏の問題点を一つ一つ直していきます。

 

 

※音源は生徒さんでご用意ください。(スマートフォンにダウンロードするか、CDに焼いてお持ちください)

※カラオケでのレッスンも可能です。お問合せください。

(但し、池袋駅西口近辺に限る)